タントの中古、より賢い選択肢となりつつある現状とは?

一般的に中古のクルマというのは、歴史が長いか、人気が高いかによって、市場に出回る球数が変わってくると言われます。たとえば同じダイハツのクルマでも、長い歴史を持つムーブは、中古車市場にも多くのクルマが流れてくる結果になります。

そんな中でタントの中古はどうなっているのかというと、これは非常に多くのクルマが中古の市場に流れています。具体的には、大手中古車サイトのカーセンサーさんのサイトで約9,600台もの中古のタントが登録されています。

タントのデビューは2003年ですので、決して短くはありませんが、目立つほど長いわけでもありません。それにも関わらず1万台近い中古が存在しているというのは、それだけ人気が高いという証拠でもありますね。

そんなタントの中古、実は「中古の軽自動車」のイメージを大きく変えたとも言われています。一昔前までの軽自動車というのは、普通の自動車が買えない経済力の無い人が買うクルマという印象がありました。

しかしそれはムーブといった軽自動車の登場で大きく変化していったのですが、その時点でもまだ、「中古の軽自動車」というのは、たとえば大学生がアルバイトで貯めたお金でようやく買えるクルマ、という印象が強かったと思います。

それを大きく変えてしまったのが、タントです。なぜならファミリー層がタントの中古を求めるようになってきたからですね。今や中古のタントの購入を検討するファミリーは、「賢い選択をする家族」といった印象すら感じます。

かつて大学生が買うクルマというイメージが強かった中古の軽自動車は、すっかり様変わりしていますね。

タントの中古、選ぶ際には「買い」を決めておこう

タントの中古を選ぶ際に気を付けておきたいのは、自分が一体、何を「買い」とするのか?という部分をハッキリとしておくことです。

年式なのか?走行距離なのか?乗り出し価格なのか?それともカラーリングか、事故歴か?といった、自分がこれなら「買いだ!」という部分はどこなのかという部分を、事前にある程度までハッキリさせてから探す方がオススメです。

なぜなら、タントの中古というのは大手中古車サイトのカーセンサーさんだけでも1万台近くがある訳です。それを一つずつ見ていたら大変ですし、中にはサイトに登録されていない物件だってあるのです。という事は実際にはもっと多くの中古のタントがあると考えても差し支えないと思います。

たとえばある程度、大手中古車サイトに登録されているクルマを見て「これにしようかな」と目星をつけてお店に電話しても、そのお店にさらに何台か、興味をそそられる中古があるかもしれません。そうなった時に、自分が一体、何を「買い」にするのかがハッキリとしていないと、失敗してしまう可能性もあるんですね。

何を「買い」にするのが、タントの中古を選ぶ際に役立つ?

実際にタントの中古に対して、何を「買い」にすると良いのかについては、人それぞれに違いがあるとは思いますが、基本的には走行距離や年式が良いのではないかと思います。

こんな事は当たり前のように聞こえるかもしれませんが、実際に買おうと決めてお店に足を運ぶと、なぜか「買い」の基準がオプションに変わってしまっていたり、カラーリングに変わってしまったりして、結局、「あれれ?」という結果になる事も少なくないんですね。

ですので基本的な、走行距離や年式といった買いの基準については、しっかりと頭に置いておくのが失敗をしないコツにもなるのではないかと思います。

タントの中古、価格の分布や、平均の相場は?

タントの中古については、平均の相場が約92万円前後となっています。また、価格の分布については、2003年のデビューという事で、目立って長い歴史があるという訳でもありませんが、上下にとても幅広い分布状況になっていますね。

下は10万円前後、上は200万円前後という状況となっています。球数が多い中古の場合は、こういった分布状況も珍しくありません。むしろこういう状況は、しっかりと探せば、自分にピッタリの一台が見つかる可能性がとても高いと言えます。

タントの中古、走行距離の平均もチェックしてみよう

走行距離の平均は、約43,000キロ前後となっています。この数字だけを見ても良くイメージが分からないかもしれませんが、中古をいろいろチェックされている方なら、「ちょっと少な目かな?」という印象を受ける方もおられるかもしれません。

やはりファミリー層の中でも、特に育児中の主婦の方が良く使うクルマということで、街中での短い距離を走るケースが多いのだと思います。そのため、平均の走行距離が5万キロを切っているのかなと感じますね。

 

タントの中古を選ぶと、「賢い」と思われる?

タントの中古を選ぶのは、最近では「賢い選択」とも言われます。冒頭にも書きましたが、中古の軽自動車というのは、経済的に苦しい学生さんが買うクルマという印象が、一昔前まではありました。しかしタントなどの軽自動車の登場によって、今やそれが「賢い選択」とまで言われるようになってきたのですね。

その理由は、カンタンに言ってしまえば、「子どもが小さい時期は限られているから、やがて乗り換える可能性が高い」という部分にあります。子どもが小学生、中学校、高校と成長すると、タントでは小さくなる可能性が高いですよね。かといって、まだまだ幼稚園の子どもに対して、大きいクルマを買うのは無駄ではないか?

そんな状況でのタントの中古というのは、使い道としても、経済的にも、賢い選択ということになります。この部分が「賢い選択」と言われる理由となっているのです。

まとめ

タントの中古をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今やすっかり街中でおなじみとなっているタント。中古にも多くの物件が流れていますが、多すぎるがゆえに失敗する可能性もあります。しっかりと選んで、賢く、自分にピッタリの一台を見つけたいところですよね。タントの中古が気になる方は、ぜひご参考いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です